tounyu.bmp
話題の豆乳クッキーダイエットを検証してみました。 0507290169_1_1.gif

クラッカーでダイエット

クッキーのほかにクラッカー
昔からの定番ダイエット補助食品の1つ。


g8.jpg


ドラッグストアなんかでビタミンやミネラルが強化された
ビスケットやクラッカーを購入して
置き換えダイエットを行えば
マルチビタミンやミネラルもあえて用意する必要はないですよね。

私の場合ですとクッキー系より塩味のクラッカーの方が
同じ量なら満腹感があって
置き換えた場合すこし楽に感じました。

1度お試しください。

別の豆乳クッキークッキーダイエット

先に紹介した豆乳クッキーダイエットもおすすめですが
カロリーがほとんど同じならば
市販のビスケットを上手に使っても
ダイエットに関する効果はあまり変わらないのでは?

じゃあ市販のビスケットで
別のクッキーダイエットを行う方法を考えてみましょうか。

----------------------------------------------------

用意したのは100gあたり450kcal前後のできるだけ硬いビスケット
もしくはクッキー。
スーパーなんかで売っている
1袋200円前後のクッキーを比較してみたところ
ハードビスケットと表示されている種類のビスケット
歯ごたえや腹持ちを考えるとオススメ。
硬さで言えばカンパン類やピーナッツせんべいもオススメです。

あとビタミンミネラルの補填のため
マルチビタミンとマルチミネラルも準備。


g7.jpg


以上が用意できたら
豆乳クッキーダイエットのように
1日のうち1食を30g(8〜9枚)程度のビスケットと
適量のサプリメントを取って置き換えます。

ビスケットはやや間隔を開けながら食べる
空腹感を感じにくくなりますよ。

ビスケット以外の食事も食べ過ぎには注意です。

お水は積極的に飲みましょう。

クッキーとビスケットの違いって

クッキーとビスケットって何がどう違うのか?

クッキーとビスケット、、、基本的には同じです。

日本では糖分と脂肪分が多い(公正競争規約に従えば40%以上)ものを
クッキーと呼ぶ
場合が多いようです。

今回の豆乳クッキーは
↑のような分類であれば
どちらかというとクッキーよりビスケットに近い商品ですかね。

g1.jpgg2.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。